29歳ハゲブログ

自毛植毛のデメリット!知らないと後悔する話

2017年04月22日 06時33分

このページでは、自毛植毛のデメリットについてお話していきます。

「自毛植毛が気になってるけど怖そう」
「自毛植毛を決断して大丈夫か不安」

こんな人のために記事を書きました。
 

自毛植毛とは

知ってる人も多いと思いますが、一応カンタンにご説明します。

自毛植毛とは、自分の後頭部から毛根を採取し、
薄毛の部分へと植えこむ手術のことを言います。

発毛機能が生きているところから移植することにより、
薄くなったところの発毛機能が復活するという仕組みですね。


切開が伴うため、アイランドタワークリニックなどの医療機関でしか
その施術を受けられないというのが特徴です。


 

自毛植毛のデメリット

自毛植毛のデメリットを挙げてみます。


・コストが大きい
・痛みが残る可能性がある
・2日ほど仕事を休まなければならない可能性がある



この3点が大きなデメリットでしょう。
コストについては100万円以上かかるのが普通です。

また、痛みについては残る可能性もあります。
アイランドタワークリニックなどの安心できる医院では痛みが残る可能性は低いですが、
ゼロではありません。

手術後、ガーゼを一定期間する必要があるため、
2日ほど仕事を休まなくてはいけないことも大きなデメリットになり得る人もいるでしょう。

 

自毛植毛にはメリットもある

もちろんメリットもたくさんあります。

・一度治療をすればあとは放っておける
・ゆっくり生えてくるので、バレる心配が少ない
・ほぼ確実に効果がある


育毛剤などと比べると、ほぼ確実に効果があるところが大きなメリットですね。
一度やってしまえばあとは楽というのも増毛にはないメリットです。

 

自毛植毛シェアナンバーワンの医院

自毛植毛シェアナンバーワンの医院として、
アイランドタワークリニックがあります。

ほとんどがこの医院を使っていると考えるとすごいことです。

無料カウンセリングなどで、不明点は全て解消して、
増毛などの選択肢と比べるのが良いのではないでしょうか。